忍者ブログ

だんごや

自作動画(VOCALOID楽曲中心)作品に関するメモ他、気紛れに書いたり書かなかったり。
20 * 19 * 18 * 17 * 13 * 12 * 10 * 8 * 5 * 4 * 2 * 

想い出は時空の結晶


作曲:飯塚昌明
作詞:田久保真見
『遙かなる時空の中で3 運命の迷宮』ED(2006)
主に使ったソフト:Domino(TiMidity++) + Audacity + WMM

↓↓↓↓↓


再調声版:VOCALOID3エディタ + Sonar + AviUtl



V2初版

無茶を承知で声優さん御本人の曲をカバー。 当初はshort sizeだけ作っていたのですが、結局full sizeで行くことに。
例によって耳コピが残念な感じなのでピアノアレンジ。
しかしながら個人的に好きな雰囲気なので後日ピアノインストのみの動画まで作ってしまいました。

如何せん打ち込みなので実際弾けるかどうかは知りません。(ピアノ2台なら或いは…)

で、声についてですが。
元は同じ声とは言え、“再現”出来るかと言われると…難しい…です…ね…
原曲と同じ男声度(←役柄上意識的に声低めにされてる)にしようとすると声が籠もるし、ボカロとして聴き取りやすくしようとすると子供っぽい感じになってしまうし。
よってGEN値のパラメーターが試行錯誤の挙げ句上がったり下がったり相当波打ってます(でも正解じゃない…)。
何だか声枯れて苦しそうに聴こえてしまって、まだまだ調声改良の余地有りそうです。
再エンコードで音質劣化してしまいましたが元の音も今一つだったような気がするので気にしないことにします。

イラストは望美的ルカ一枚絵。こう描くと似てる気がして。

V3再調声版

V3エディタ使ったらもう少しオリジナルに似せられるのではないかという淡い希望を込めての再挑戦。と言うのも、ふと久々に聴き返したら無性に直したくて直したくて…。
流石にDTMに手を染めて3年以上……気付いたらそんなに経っていて驚愕だったのですが……にもなると多少なりとも知識や道具は増えたりするもので、再現性はさておき、少しは元気に歌うようになった気がします(むしろ旧版何故あんなに掠れさせてしまったのか…)。どうしても鼻声が抜け切りませんが、きっとライブラリの仕様ということで妥協してます。
V3エディタのパラメーター、特にVEL/OPEの使い勝手はかなり向上しているとは言え、収録された声のバリエーションを増やせるわけではないので、やはりルカAppendの発売が待たれます……が、なかなか正式版発表が無くて果たして私の興味が続く間に入手出来るのか不安ではあります;
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
書き手
ウサコ(お団子P)
おしいれ いんきょ
過去記事
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
作成物




ブログ内検索


忍者ブログ [PR]